表紙
洞爺湖

■TOP

IVVとは
JVAとは
イベント一覧
国内の主要な大会
国内大会や参加者の姿
海外IVV大会や参加者の姿
ニュース
宮下充正名誉会長の
ウォーキング日記
会員へのお知らせ
大会情報と
加盟団体からのお知らせ
ウオーキングステーション
JVA加盟団体一覧
JVA表彰者
50,000q特別表彰者
YR30コース表彰者
リンク集

facebookfacebookページ










JVA head office


〒113-8530
東京都文京区湯島1-2-4
神田セントビル
日本ウオーキング協会内
TEL:03-5256-7855
FAX:03-5256-7856

E-mail:jva@walking.or.jp

 JVAの世界にようこそ!


 JVAは、健康とフィットネスの増進をはかり、楽しみと友情をもたらす活動を支援する団体です。競技型スポーツと異なり、安全なエクササイズを振興するのが目的です。
 参加者は、自分の好きなスポーツ、距離、ペースを自由に選んで楽しむことができます。
 JVAが取組む市民スポーツ・イベントは、全ての人々が楽しむことのできるもので、誰でも参加歓迎です。
 JVAの構成組織は、毎年、あらゆる年齢層・さまざまな能力の人々が参加できる市民スポーツ・イベントをたくさん企画・実施しております。
 興味をお持ちの方、もっと情報が欲しい方は、ホームページをご覧いただくなり、直接事務局にコンタクトいただければ幸いです。





「JVAフォトコンテスト」募集中!

◆応募資格
日本市民スポーツ連盟(JVA)に登録しているウオーカー、ウオーキング・ステーション
◆応募写真
1枚当たり1〜3MB程度の画像データでモノクロ・カラーどちらでも可、一人1回につき3枚まで
対象は全国のウオーキングイベントやウオーキング・ステーションにまつわるもの
お送りいただいた写真はフォトコン事務局が定める基準に照らして後JVAのfacebookに公開します。なお、投稿された写真のcopyrightは日本市民スポーツ連盟に帰属します。
◆応募方法
画像データを下記メールアドレスへお送りください。
送付先:jva@e-sampo.co.jp
写真のタイトルやコメントを付けてください。
撮影者氏名をお知らせ下さい(web上に公開します。その際にペンネームをご希望される方はペンネームもお知らせください)
◆写真公開
お送りいただいた写真は順次JVAのfacebookに公開します。
◆表彰
優秀作品制作者に記念品を贈呈します。



IVV-Japan ニュース


2016年5月6日


第3回IVVアジア大会ASIANPIADが11月12日〜13日に台北市で開催されます。







2016年1月1日


あけましておめでとうございます。
今年もみなさまのウォーキングの応援をさせていただきたいと思います。

日本市民スポーツ連盟会長 川内基裕





1)日本市民スポーツ連盟。大韓民国 韓国体育振興会友好20周年
日本市民スポーツ連盟は、韓国の国際市民スポーツ連盟組織である韓国体育振興会(KAPA: http://www.walking.or.kr/)と相互の国際交流と両国の友親の増進を目的として1995年に協定書を作成しました。協定書には日本市民スポーツ連盟の江橋愼四郎初代会長と韓国体育振興会を20年間指導してきた宣相圭会長の署名があります。そして実践目標として
1. 市民スポーツに関する共同研究及び普及と情報交換
2. 市民スポーツを通しての両国間の体育文化的交流
3. 韓国体育振興会の国際的組織への加盟推進
4. 利両国における国際市民スポーツ大会の開催
5. 両国の大会への相互参加の奨励
が挙げられています。両国の組織は相互交流を進め、アジア市民スポーツ連盟を発足させ、国際市民スポーツ連盟アジア大会(Asianpiad)を2年に1回開催しています。
協定発足20年を記念として、国際市民スポーツ連盟の目的である、@参加する人それぞれの健康・体力の保持・増進を図ること、A国際的な大会に参加する人びとの間で互いの友情を深め合い世界の平和に貢献することのさらなる実現に向けて、ヨーロッパ、アジア、アメリカの各国の連盟と協力しつつ進めていきたいと考えています。

2)IVVの原則のお知らせ
@IVVウォーキングパスポート会員
IVV-パスポートを利用してのウォーキングの参加記録が10回以上に達し、日本市民スポーツ連盟で10回の参加記録達成認定証を受けていただいた皆様に「JVA日本市民スポーツ連盟記録登録証」もお送りし、IVVウォーキングパスポート会員として以後の記録登録にお役立てていただいています。また、日本市民スポーツ連盟では登録証に記載された登録番号を利用して皆様の記録の管理をさせていただいてします。
日本市民スポーツ連盟は今後も引き続き日本市民スポーツ連盟のホームページやFacebook、walking life誌等を通じて、イベントや加盟団体などさまざまな情報提供いたします。みなさまからのお問い合わせに際しては、登録証の登録番号もお伝えくださるとより確実にお答えできますので、ご利用ください。
Aウォーキング(2010年7月9日ルクセンブルグの総会決定より抜粋)
 スタート時間には幅を持たせる。終了時間はすべての参加者が無理なく適切な時間でさだめられた距離を踏破できるように算定されなければならない。
@)ウォーキングは1日で1認証単位となる。国際市民スポーツ連盟参加・距離認証スタンプは毎日異なった番号のスタンプを使用する。
A)ウォーキング大会では10kmのコースの設定が必須である。そのうえで、5kmのような短い距離や、より長い距離のコース設定も可能である。
B)10kmコースまたはより短いコースは、開催地域を考慮したうえで、家族向け、あるいは障害のある人も参加可能、となるべきである。
C)特殊な山岳ツアーは、そのように広告すべきである。
D)ウォーキング大会が2日間あるいは3日間連続する際には、異なった距離のコースの設定が可能である。
E)距離は正確に周知されなくてはならない。悪天候やコースコンディション不良の場合のみ距離短縮が許可される。
F)チェックポイントは原則として5km毎に設置されることが望ましい。
G)ノンアルコール飲料がコースで無償提供されることが推奨される。
B大会の申込み用紙
 大会の申し込みに際しては、2016年版の申込用紙をお使いください。申込用紙は日本市民スポーツ連盟のホームページ(http://ivv-jva.com)からdownloadできます。日本市民スポーツ連盟事務局まご連絡いただければFAXでもお送りします。
(電話03-5256-7850 FAX03-5256-7866)

3)こどもパスポートのIVVパスポートへの継続について
日本市民スポーツ連盟は日本ウォーキング協会と協力して15歳未満のこどもウォーキング参加者を対象としてこどもパスポートを発行し、参加回数、距離に応じて認定証やメダル・ワッペンを贈呈してきました。
 年齢が15歳をこえたのちにこどもパスポートの回数、距離を保持したまま成人のIVV-パスポートに移行してウォーキング認定の継続を希望される参加者は、お使いになってきたこどもパスポートと移行認定料500円の郵便小為替を同封して日本市民スポーツ連盟事務局までお送りください。成人用パスポート、IVV参加記録達成認定証をお送りして、IVVウォーキングパスポート会員に認定します。
15歳までの参加回数、距離に応じて成人の参加回数認定、距離認定を改めて希望される方は。1回の認証につき500円、ワッペン・ピンバッジを希望される場合も1回の認証につき500円の郵便小為替を同封して日本市民スポーツ連盟事務局までお申し込みください。

4)イベントパンフレットのFacebookならびにホームページ掲載
日本市民スポーツ連盟事務局には、ウォーキング大会やイベントの認定に際して、あるいは日本ウォーキング協会を通じて多くのパンフレットを届けていただいています。これまでは、日本市民スポーツ連盟の事務局に掲示し、ご希望の方に事務局でさしあげていました。今後一層多くの皆様のお目にとめていただけるように、日本市民スポーツ連盟のFacebookならびにホームページでパンフレットの写真やpdffileを掲載させていただくことにしました。
 まず、日本市民スポーツ連盟事務局に届いた日本市民スポーツ連盟認定ウォーキング大会のA4大パンフレットから始めます。掲載期間、掲載ページ数については日本市民スポーツ連盟で決定します。

5)イヤーラウンドコース30コース達成者について
ホームページにも掲載してありますイヤーラウンドコース年間30コース参加認証です。
2015年1年間さらに2016年以降も、1月から12月までの間に異なる30コースを歩行されたIVVウォーキングパスポート会員にワッペンを謹呈する予定です。ただし、応募者多数でワッペンの在庫がない場合には別の記念品になることもありうることご了承ください。





Copyrightc 2010-2016日本市民スポーツ連盟 All Rights Reserved