表紙

平野寅次郎のYR散歩



 ウォーキングには「出会い・ふれあい」があると言われますが、このコーナーは2019年10月開催の「第16回IVVオリンピアード フランス大会」で私がJVAの川内会長にお会いしたご縁で依頼されました。平野寅次郎とは映画「男はつらいよ」の寅さんのように全国の大会を歩いていた時に妻の友人から命名され、ペンネームにしています。 ウォーキングは「誰でも・いつでも・どこでも・いつまでも」です。YR(イヤーラウンド)とは「通年歩行」で時間に制約されず、自分の都合で、いつでもウォーキングが楽しめ、IVV認定がされるコースです。JVAのHPには全国のコース一覧が掲載されています。 寅次郎のお好みの神奈川県・東京都のYRコースを紹介します。



『靖国神社・迎賓館・清水谷公園・大使館・千鳥ヶ淵・北の丸公園 12km』
ステーション:神田セントビル3F 最寄駅 JR 秋葉原駅/御茶ノ水駅


 千代田区の桜の名所と大使館をめぐるJVA・JWAのYRコースです。

 ステーションから御茶ノ水駅、明治大学駿河台キャンパス、神保町を経て九段下の「靖国神社」に向かいます。2020年の東京の桜の開花は東京管区気象台観測史上最も早い3月14日と発表、また3月22日満開と発表されました。この決定をした「桜の標本木」は靖国神社拝殿に向かって右手にあります。(写真下左で2020年3月23日撮影。本殿裏の「神池庭園」の桜(写真下右)も見事。



 

 市ヶ谷駅に出て市ヶ谷壕の土手「外濠公園」の桜並木を歩き、四谷駅から「迎賓館」(ここは港区)を横目でみて「紀之国坂」信号を左折、「喰違木戸跡」(現地に説明板)、「ホテル ニューオオタニ」の前を通過します。左手の「上智大学脇の桜並木」や「ホテル ニューオオタニの日本庭園」は別の機会にお立ち寄りください。「紀尾井坂」を下り、右折すると「清水谷公園」(写真下左)です。園内には紀尾井坂で1878年(明治11年)暗殺された「大久保利通公の哀悼碑」があります。清水谷公園は紅葉もお勧めです。



 

 公園脇の階段を上がり左折すると「バングラデシュ大使館」(写真下左)、「麹町四丁目」信号を渡り、左折、「参議院宿舎前」信号を右折すると、「ベルギー王国大使館」(写真下中)、「イスラエル大使館」(右手奥で写真撮れず)を過ぎて「女子学院」脇を行くと、「ローマ法王庁大使館」(写真下右)があります。



 

 「大妻女子大」脇を通過すると、「墓苑入口」信号で「千鳥ヶ淵緑道入口」です。旧江戸城の内濠で型が千鳥に似ているので「千鳥ヶ淵」と呼ばれたとのこと。昭和30年代植栽のソメイヨシノが育ち、東京屈指の桜の名所です。2018年4月2日撮影の写真です。2020年3月23日も撮影しましたが、満開度で負けました。





 

 「千鳥ヶ淵緑道」の終点左手には「インド大使館」(写真下左)があります。「田安門」(写真下右)から「北の丸公園」に入り、「日本武道館」周辺も桜の名所です。この写真は2020年3月23日撮影です。



 

 「日本武道館」・「北の丸公園」は工事中のため桜の写真は下の2枚です。



 

 日本武道館のHPからパノラマ写真をお借りしました。



 

 コースは「北の丸出口」から「平川門」、「一ツ橋」、「神田錦町」、「美土代町」、「小川町」を経て「聖橋」を渡りゴールです。桜と大使館三昧のYRでした。

 

平野寅次郎 拝






『湯島天神と不忍池〜西郷どんコース 約5km』
ステーション:神田セントビル3F 最寄駅 JR 秋葉原駅/御茶ノ水駅


 梅の名所 湯島天神から桜の名所 上野恩賜公園までのJVA・JWAのYRコースです。

 時期は異なりますが梅と桜を楽しめる、お散歩コースです。途中には思わぬ出会いもあります。ステーションから坂を下り、「神田明神下」を左折、「妻恋阪」交差点で「鳴門鯛焼本舗」に出会いました。1909年(明治42年)から受け継がれた伝統の製法(一丁焼き)で餡は鳴門金時入りの鯛焼き(220円)です。
10時開店の最初のお客さんとして熱々の鯛焼きを美味しくいただきました。



 

 直進して「湯島中坂下」を左折、「湯島中坂上」を右折で「湯島天神」です。

 湯島天神(湯島天満宮)
 458年に天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀り、創建と伝わる古社。南北朝時代の1355年に「菅原道真公」を合祀、「学問の神様」として多くの受験生に頼りにされています。江戸時代には境内で「富くじ」が売られ庶民にも親しまれました。また、境内の梅も有名で、この地の梅を歌った「湯島の白梅」は大ヒットしたとのこと。泉鏡花の「婦系図」もここが舞台です。



 

 お参りしたらコース地図の指示通り、「女坂」を下り、「春日通り」に出て「天神下」を左折すると目の前に「上野恩賜公園の不忍池」が広がります。

 上野恩賜公園の桜
 天台宗の僧侶「天海僧正」が江戸城の鎮護・徳川将軍家の菩提寺「東叡山寛永寺」を建立した時、上野の山の随所に桜の木を植えたことに始まり、桜の名所になったのは元禄期(1700年頃)とのこと。



 

 写真上左は不忍池入口の桜(2020年3月21日撮影)、奥に「弁天堂」が見えます。「弁天堂」までは池の中の桜並木を歩きます。「弁天堂」から道路に出る手前右側に「駅伝競走発祥之地」の碑(写真上右)があります。
1917年(大正6年)4月27日首都が京都から東京に移った50周年を記念して三条大橋から上野不忍池のこの碑のある当時の「大正博覧会」の正面玄関まで全長508Kmを23区に分けて関東勢(東京)、関西勢(名古屋・大阪)の2チームが丸3日かけてゴールの上野まで走りました。大阪は単独でチーム編成が出来なかったとのこと。この3年後に「箱根駅伝」が誕生しています。
道路を渡り、階段を上ると「上野の山」です。2020年のお花見は新型コロナウイルス感染拡大防止で宴会が禁止となっています。写真下は2015年3月28日に撮影したものです 。



 

 写真下は「東京国立博物館」日本庭園の一般開放時(2015年4月2日撮影)の写真です。2020年は新型コロナウイルス感染防止のため当面の間は臨時休館です。毎年春と秋に一般開放されますのでHPで確認願います。
 

 コースは「花園稲荷神社」、「上野大仏・パコダ薬師堂」、「五條天神社」、「上野東照宮」、「上野動物園」から「大噴水」(寛永寺の本堂があった場所)の手前で折り返し、「正岡子規記念球場」、「摺鉢山」から京都の清水寺を模した「清水観音堂」(写真下左)の舞台から琵琶湖になぞられた「不忍池」(写真下右)を見下ろしました。公園内には「東京国立博物館」、「国立科学博物館」、「国立西洋美術館」、「東京都美術館」、「上野の森美術館」、「東京文化会館」などがある文化の森です。



 

 西郷隆盛銅像
 薩摩藩士の西郷隆盛は江戸総攻撃を中止させ、江戸城無血開城で江戸の町を火の海から救った人。維新の三傑として明治政府では陸軍大将、政治家として活躍しましたが、意見の相違から下野し、西南戦争の指導者となり鹿児島県の城山で自刃。大日本帝国憲法公布の大赦で「逆徒」の汚名が解かれ、没後21年に顕彰を称える像が建てられました。像は高村光雲作、犬は後藤貞行作です。公開時に招かれた西郷夫人は「うちの主人はこんな人でなかった」と薩摩弁で言ったとのこと。軍服姿でなく、上野の山に建てられて「上野の西郷さん」と親しまれています。

 

 写真下左は上野広小路方面に下りる公園口の「しだれ桜」です。コースは「中央通り」を秋葉原駅まで直進して「神田明神下」に戻り、ゴールです。



 

 末広町駅近くの「外神田五丁目」交差点で「神田達磨 たい焼き」(写真上右)に出会いましたが、次回の寄り道とします。距離は短いですが、見所一杯のお散歩コースです。桜の季節を外して静かな時期に「歴史と文化」に触れ、そして「たい焼き」を楽しむお散歩もお勧めです。

 

平野寅次郎 拝








『小石川植物園・護国寺・小石川後楽園 13kmコース』
ステーション:神田セントビル3F 最寄駅 JR 秋葉原駅/御茶ノ水駅


 都心で四季に花が楽しめ、有名大学をめぐるJVA・JWAのYRコースです。

 ステーションから本郷の「東京大学赤門」に向かって一直線に歩きます。
「本郷三丁目」交差点左手に江戸時代の川柳で「本郷もかねやすまでは江戸のうち」と詠われた「かねやす」があります。「東京大学」については他のYRコースで詳しくお話しします。「本郷弥生」交差点を横断、少し右へ行き、本郷税務署方面へ左折です。途中の右手に「ほうろく地蔵尊」、白山上を下りる途中右手奥に「白山神社」、下りて最初の道を左に入ると「八百屋お七の墓」があります。湘南ふじさわWAのHP寅さん歩49「健康ご利益めぐり-11文京区-2」を参照ください。湘南ふじさわWAはHPリンク集の加盟団体からリンクできます。「白山」交差点を直進して進むと「小石川植物園」の脇に出ます。

 小石川植物園
 正式名称は「東京大学大学院理学系研究科 附属植物園」です。この地は「白山御殿」(小石川御殿)と呼ばれ、三代将軍徳川家光の四男徳松(後の五代将軍綱吉)が住んでいました。兄の四代将軍家綱の死に伴い、御殿は廃止し、幕府の「小石川薬草園」となり、あかひげ先生のいた小石川養生所、青木昆陽が甘藷の試作、大奥女中のへちま水も作られたとのこと。明治になり国の薬園「東京帝国大学の植物園」となり、植物学の研究・教育実習施設となりました。
 約48000坪の広大な敷地に多くの植物が楽しめますが、特に春のソメイヨシノ(2015年4月2日撮影)が見事です。精子発見のイチョウ、ニュートンのりんごの木、メンデルの葡萄の木、薬園保存園、公開温室など見所一杯です。



 

 開館は1月4日〜12月28日の9時〜16時30分、休館日は各月曜日(祝日の場合は翌日)、入園料大人500円、小・中学生150円です。
「日本庭園」を歩き、写真下左の「旧東京医学校本館」の出口が開いていれば、ここから出て、YRコースに合流出来ます。「湯立坂」を茗荷谷駅方面に上る途中の右手に「占春園」(写真下右)があります。



 

 「占春園」は徳川光圀の弟を藩祖とする陸奥守山藩 松平家の上屋敷、中屋敷の地で、占春園は屋敷内の庭園の名残です。1903年(明治36年)「東京高等師範学校(戦後の東京教育大学、筑波大学)」校地の一部になりました。
上に行くと現在は「教育の森公園」となり、「筑波大学(大学院)」、「放送大学」の建物があり、コースに合流できます。「春日通り」に出て、「お茶の水女子大学」の前を過ぎて、「大塚三丁目」交差点を左折し、護国寺方面に向かいます。護国寺手前には「豊島ケ岡御陵」(皇族の専用墓地)があります。

 護国寺
 1681年(文和元年)五代将軍綱吉が生母 桂昌院の願いにより建立の真言宗豊山派総本山です。「本殿」は元禄時代の建築技術の粋を結集した建築物としてその雄大さは都内随一と称賛される国の重要文化財です。本殿向かって左の「月光院」は大津三井寺から移築。三条実美、大隈重信、山県有朋など著名人の墓があります。写真下左は「仁王門」、中は「不老門」、右は「本殿」です。



 

 「仁王門」を入り、右手には富士塚の「音羽富士」がありました。湘南ふじさわWAのHP寅さん歩25「東京の富士塚めぐり−2」を参照ください。
「不老門」をくぐると右手に「一言地蔵尊」があり、一言だけの願いを聞き届けるお地蔵さまに寅次郎、「新型コロナウイルス拡大の早期終息」をお願いしました。「護国寺」を出て直進、「江戸川橋」を左折、神田川沿いに進み、「白鳥橋」を左折、「牛天神下」、「小石川税務署」から「小石川後楽園」に向かいます。

 小石川後楽園
 1629年(寛永6年)水戸徳川家の祖である頼房が中屋敷(のちに上屋敷)に造ったもので、二代藩主光圀(水戸の黄門様です)の代に完成した、池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」です。中国の風物を採り入れ、庭園名の「後楽園」も明の遺臣「朱瞬水」の命名です。国の特別史跡・特別名勝の重複指定で、全国でも浜離宮恩賜庭園、金閣寺などごく限られています。

 開館は9時〜17時、休館日は年末年始(12月29日〜1月1日)です。入園料は一般300円、65歳以上150円、小学生以下及び都内に在住・在学の中学生は無料です。みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)、シルバーウイーク(別途定める)の無料公開日があります。
 2020年の東京の桜の開花は観測史上一番早い3月14日と発表されました。
 写真下は園内にある「しだれ桜」でソメイヨシノより早い満開(2020年3月21日撮影)です。写真下右の桜の後の白い屋根は東京ドームです。



 

 桜の他、梅、花菖蒲、紅葉など四季の花が楽しめます。
 「小石川後楽園」から「飯田橋ハローワーク」、「東京ドーム」、「水道橋駅」を通過、「順天堂大学」、「東京医科歯科大学」、「湯島聖堂」の「近代教育発祥の地」を歩きます。湘南ふじさわWAのHP寅さん歩20「東京の発祥之地めぐり(学問・文化編―1)をご参照ください。「昌平橋」を左折するとゴールです。
 見所が多く、ゆっくり立ち寄りしているとゴール時間に間に合わなくなりそうなコースです。季節ごとのYRコースとして楽しんでください。
 寅次郎、秋に訪問して紅葉を楽しむ予定です。

 

平野寅次郎 拝



No.1『湘南ふじさわウォーキング協会(FWA) 江の島コース12km』
No.2『JVA・JWA 九段・皇居コース 10km』
No.3『竹の湯コース10km』








Copyrightc 2010-2020 日本市民スポーツ連盟 All Rights Reserved

JVA head office  〒113-8530  東京都文京区湯島1-2-4 神田セントビル
TEL:03-5256-7850  FAX:03-5256-7856   E-mail:jva@walking.or.jp