表紙

平野寅次郎のYR散歩



 ウォーキングには「出会い・ふれあい」があると言われますが、このコーナーは2019年10月開催の「第16回IVVオリンピアード フランス大会」で私がJVAの川内会長にお会いしたご縁で依頼されました。平野寅次郎とは映画「男はつらいよ」の寅さんのように全国の大会を歩いていた時に妻の友人から命名され、ペンネームにしています。 ウォーキングは「誰でも・いつでも・どこでも・いつまでも」です。YR(イヤーラウンド)とは「通年歩行」で時間に制約されず、自分の都合で、いつでもウォーキングが楽しめ、IVV認定がされるコースです。JVAのHPには全国のコース一覧が掲載されています。 寅次郎のお好みの神奈川県・東京都のYRコースを紹介します。


No.1『湘南ふじさわウォーキング協会(FWA) 江の島コース12km』
No.2『JVA・JWA 九段・皇居コース 10km』






『湘南ふじさわウォーキング協会(FWA) 江の島コース12km』
ステーション:関水スポーツ店 JR東海道線・小田急江ノ島線 藤沢駅南口


 寅次郎が生まれ育ち、2011年まで住んでいた湘南の海を楽しむコースで、JWAの「美しい日本の歩きたくなるみち500選」の神奈川14−6」です。
 寅次郎と湘南の海を見に行きましょう! 湘南の海は四季にわたり楽しめます。
 関水スポーツ店で受付、専用パスポートをもらい、奥田公園から境川沿いを歩きます。境川を渡る江ノ電に出会ったらラッキーです。
 小田急線「片瀬江ノ島」駅前から弁天橋を潮風に吹かれながら江の島に渡ります。参道を上がり赤鳥居左側の江の島エスカー乗り場がチェックポイント(パスポートに押す印が常設)で折り返しですが、上がって江島神社にお参りを! 幸福・財宝の招福や芸道上達のご利益が期待できます。奉安殿では「裸弁財天」にお目にかかれます。  参道両側は江ノ島名物のお店で賑やかです。生しらす丼(写真下左)・サザエのつぼ焼き・江の島饅頭・タコ煎餅に足止めです。復路で弁天橋手前を右手に行くと江の島ヨットハーバーで東京2020オリンピックのセーリング会場です。

 


生しらすの美味しい食べ方は生卵にしらす専用ポン酢を混ぜしらすの上にかけます。


 

 弁天橋に戻り、江ノ電「江ノ島」駅、湘南モノレール「湘南江の島」駅の脇を通って常立寺へ。しだれ梅の名所で蒙古襲来時の元使5人を葬った「元使五人塚」は隠れた名所です。横綱朝青龍・横綱白鵬ら大相撲のモンゴル力士が多く訪れています。あなたも現地でご覧ください。
 脇の坂を上ると片瀬山で富士山と湘南海岸の遠望が素晴らしいビューポイントがあります。この景色は歩いて来ないと味わえませんよ。片瀬山は昔ゴルフ場、今は高級住宅地です。


 山を下り、境川に出るとゴールの関水スポーツ店は間近です。ゴールの手続きをしてください。専用パスポートは参加回数でのFWA表彰制度があります。
 湘南の海や江ノ島の歴史が満喫できるコースで、乗り物マニア・撮り鉄(鉄道ファン)の方にもご満足いただけるコースでもあります。
 他のYRコースはFWAのHPの「YR・四季の道」をご参照ください。

 

平野寅次郎 拝




『JVA・JWA 九段・皇居コース 10km』
ステーション:神田セントビル3F JR総武線 秋葉原駅/御茶ノ水駅


 江戸時代からの都心、皇居周辺を歩くYRコースで見所が盛り沢山です。
 1.神田明神(写真下左)・将門塚(写真下右)のパワースポット
 スタートするとすぐ右手が「神田明神」です。ご祭神は一の宮 大黒様、二の宮 恵比寿様、三の宮 将門様で都心108町会の総氏神様です。ゴール近くの大手町にあるのが「将門塚」で朝廷に反旗を翻した東国の英雄 平将門が捕えられ、京に送られた首級が3日後に東方に飛び去り、この地に落ち「旧神田明神」創建の地となりました。「旧神田明神」は家康の江戸城拡張で江戸城の表鬼門の現在の場所に移されています。しかし、「将門塚」自体は「祟りを恐れ、この塚が動かせない」とビルの谷間に鎮座しています。動かそうとして災難にあった事実があるそうです。
 「神田祭」は湘南ふじさわウオーキング協会HP「ひろば 寅さん歩71江戸・東京の祭」をご参照ください。

 

 

 2.ランドマークは東京ドームのビッグエッグと靖国神社の大鳥居
 YRコースは地図を片手に歩きます。コース通りに歩いているか心配の時にランドマ−クになるのが、東京ドームの屋根と靖国神社の大鳥居です。

 

 

 3.靖国神社・千鳥ヶ淵周辺は桜の名所
 靖国神社の境内の桜は東京都の桜の開花日を決定する標本木になっています。
 千鳥ヶ淵の桜(写真右)は見事です。是非、桜の季節にもお越しください。


 

 4.司法・立法の最高機関と憲政記念館
 半蔵門から皇居のお濠の反対側を歩くと、国立劇場の隣が最高裁判所(司法権を担当する国の最高機関)です。
 道を挟んで見える国会(国の唯一の立法機関)とは高さを同じにしているとのこと。議会開設80年を記念して1972年開館の「憲政記念館」(入場無料)にも立ち寄ってください。庭には時計台や日本水準原点があります。

 5.桜田門・二重橋・皇居前広場
 皇居前広場は即位の礼で多くの人が訪れた場所です。コースは大手門方面に行き、「将門塚」から「神田明神」へ戻ります。

 

 

 今回YRを歩きながら「YRを歩くこと=人生の生き方と同じだ!」と痛感しました。
 ・建物=物事は正面を見ただけで終わりにしないで裏側も見ること。
 ・歩いて来た道は、たまには振り返ることも必要。
   神田明神の御社殿の裏には銭形平次の碑など数多くの見所がありました。
   靖国神社の拝殿の裏には名勝 神池庭園がありました。
   歩いて来た道を振り返ると、また違った景色が見えました。
 東京都は道端に地名の由来や史跡の説明板が多く設置されています。説明板を見つけたら、立ち止まり読んでください。周囲を注意深く見る訓練にもなりますよ。
 自分のペースで歩けるYRの良さを再認識した寅次郎でした。

 

平野寅次郎 拝






Copyrightc 2010-2020 日本市民スポーツ連盟 All Rights Reserved

JVA head office  〒113-8530  東京都文京区湯島1-2-4 神田セントビル
TEL:03-5256-7850  FAX:03-5256-7856   E-mail:jva@walking.or.jp