表紙

思い出の南極



No.1『南極観測隊員になったワケ』
No.2『晴海埠頭を出発』



『(1)南極観測隊員になったワケ』
 南極で越冬を終え帰国して今年で36年が経つ。記憶はその後の生活の中で薄れたり、また何かの拍子で思い出し修正強化されたりしてきた。これは「私の記憶の中の南極」についてのお話しです。「南極」は、私にとって心に残る経験でした。
 私が隊員に選ばれたのは、仕事の内容が関係した。30歳台半ばになっていたが、茨城県つくば市の研究学園都市にある気象庁気象研究所に勤務する研究官の時でした。私の南極での担当はオゾン層の研究で、赤外分光装置を使って地上に届く太陽光の赤外部の分光スペクトルを調べ、オゾン層に関係する大気中の微量成分の変化を調べるものだった。
 1970年台半ばごろ、冷蔵庫やスプレーに使われるフロンガスが成層圏まで拡散してオゾン層破壊を引き越すことが警告されはじめていた。フロンガスは、炭素原子を中心にして周りに4個の塩素(Cl)やフッ素(F)原子がくっついた物質で、化学的に安定で有用な人工物だったのだが・・・。
 国内のほか南極へも誰かを派遣してオゾン層を調べようという計画が持ち上がり、思い切って応募した。未知の世界と、未知の体験への挑戦だと思ったからです。



メーカー((株)日本電子)工場で観測装置点検中の川口貞夫教授と前隊長。手前右が筆者。






『(2)晴海埠頭を出発』
 現在、南極観測隊員はオーストラリアまで空路で行き、観測船「しらせ」へ乗船し南極へと向かうが、昭和57年当時は東京晴海埠頭で乗船した。出港時の家族との別れの様子がニュースで流れ、憶えておられる方も多いと思う。
 出航は南半球の初夏にあたる毎年11月下旬だ。その直前の数ヶ月はそれぞれの担当業務の準備、積み出し荷物の荷造りなどで、慌ただしい日々を過ごした。私が最も驚いたのは、税関検査で、150kgもある荷重量のハードディスクを担当の職員が軽々と縦にして検量したことであった。昔のミニコン用のもので、製造元からは歪みを作らぬように水平を保つよう厳重に注意されていたが、アッという間もない早業だった。その途端に、暗く重い気持ちになったものです。
 観測船「ふじ」の甲板に立ち、岸壁で家族や知人たちが見送る姿がいつまでも瞼に残った。泣いてもわめいても戻るわけにはいかない。戦後生まれの私は、徴兵され戦争へ向かう兵隊とその見送りの家族の心情とは、きっとこんな感じだったのかと思った。

 

1982年11月、南極へ出航する「ふじ」。 大勢の見送りと楽隊の演奏の中、東京晴海埠頭から出港した。



次回「航海・オーストラリア西海岸へ」につづく





Copyrightc 2010-2020 日本市民スポーツ連盟 All Rights Reserved

JVA head office  〒113-8530  東京都文京区湯島1-2-4 神田セントビル
TEL:03-5256-7850  FAX:03-5256-7856   E-mail:jva@walking.or.jp