表紙
洞爺湖

■TOP>海外IVV大会や参加者の姿

IVVとは
JVAとは
イベント一覧
walking events (English)
国内の主要な大会
国内大会や参加者の姿
海外IVV大会や参加者の姿
ニュース
宮下充正名誉会長の
ウォーキング日記
川内会長のウオーキング徒然草
会員へのお知らせ
大会情報と
加盟団体からのお知らせ
ウオーキングステーション
JVA加盟団体一覧
JVA表彰者
50,000q特別表彰者
YR30コース表彰者
申請書ダウンロード
リンク集


JVA head office

〒113-8530
東京都文京区湯島1-2-4
神田セントビル
TEL:03-5256-7850
FAX:03-5256-7856

E-mail:jva@walking.or.jp












海外IVV大会や参加者の姿


2018年7月7日〜8日「第5回国際ウォーキング大会 ロシア−アジア」

11月27日

  

 2018年7月7日 第5回国際ウォーキングフェスティバルinウラジオストック初日は日本、韓国からそれぞれ30数名、ロシア人を入れると200名を超すwalkerが集まり、ウラジオストックの20世紀初頭のヨーロッパを思わせる街並みを歩きました。スタートはマカロフ提督像のある公園。公園を出てすぐに左に曲がりシコータ半島を進み、ぐるりと回って日本領事館の前を通りウラジヲストック駅に戻りました。駅は港に直結しているので、停船している船を楽しんだ後、東に進み黄金橋の下と抜けてケーブルカーの乗り場に向かいました。日本ではよく見かけるケーブルカーですが、ロシアではウラジヲストックと五輪で有名なソチにしかないとのことでした。それでも運賃は片道14ルーブル(約30円)と割安です。展望台やケーブルカーの乗り場の近くでは結婚式を挙げたばかりのカップルをいくつも見かけました。展望台からは眺望を楽しんだのちは、ケーブルカーを下りて噴水通りの名称で有名なアドミラーラ・フォーキナ―通りの景色を楽しみながらGoalに到着です。

 

 2018年7月8日 2日目はルースキー島。金角湾にかかる737mの黄金橋をバスで渡り、島の東側の森蔭からスタートし、ルースキー島最南端のトビズィス岬を全員で目指しました。たかだか片道5kmと侮っていましたが、断崖絶壁のどろ道を海から吹き上げる風によって守られながらよろよろと歩きました。海沿いのキャンプ場からは車の通れない泥だらけの小道を通り、最後は海の中の岩を飛びわたり、両手両足で崖を上ってようやく、ウラジオストック最南端の岬につきました。帝政ロシア時代からあるという灯台はたかだか数mほどの小さなものでしたが年月と風雪を経て、付喪神のようでした。

 





2018年5月23日〜24日「2018年国際市民スポーツ連盟ヨーロッパ大会」

11月27日

 2018年5月23日、夕方からはヨーロッパ大会(Europiade)前日のflag parade です。Pパレードにあわせて、ヨーロッパの各国からwalkerが続々とつめかけてきました。真っ赤な上下のルクセンブルグ、ベルギーも真っ赤です。パレードではマーチングバンドやマリアッチの楽団につづいて、いかにもイタリアといったベスパのお姉さん、Ducatiやクラッシッバイクのおじさんたちが先導してくれました。アルファベット順にベルギー、ドイツ、エストニア、ルクセンブルグ、ノルウェー、ルーマニア、ロシア、スイス、南チロル等国々が続きヨーロッパの最後は主催国のイタリアでした。ヨーロッパ域外からの国々の先頭に日本が行進しました。カナダ、韓国、台湾、中国、ブラジル---最後はアメリカ合衆国でした。2kmほどの道程を沿道からの声援に励まされながら1時間以上かけて行進しました。ゴールは市庁舎のある広場の中庭でした。

 

 24日からはいよいよ国際市民スポーツ連盟ヨーロッパ大会の始まりです。地中海の暑い日差しの下、畑の中を林の中をそして海岸を歩きました。

 
 




2018年5月21日「国際市民スポーツ連盟50周年記念総会」

11月27日

 2018年5月21日イタリア、シシリー島、マザーラデルバッロ市で50年目を迎える国際市民スポーツ連盟の代議員総会が開かれました。会場は数百年の歴史を持つ市民劇場です、1階席を取り囲むように3階までのロージェと呼ばれる個室席もあります。今総会の目玉は、米国アーリントンと韓国ソウルとの一騎打ちとなった、2021年の国際市民スポーツ連盟オリンピアード大会開催地の決定でした。私も、アジア市民スポーツ連盟活動報告の中に韓国の業績を盛り込んで支援を行いました。韓国は米国の3倍近い票を集めて当選しました。韓国はすでにソウル市のオリンピックスタジアム、オリンピックプールなどを抑えてあるそうです。


2018年5月22日、国際市民スポーツ連盟50周年記念式典です。マザーラデルバッロ市の市議会場です。
私たち日本市民スポーツ協会も25年以上の長きにわたる貢献に対して表彰をしていただきました。






2017年11月18日〜19日「第9回ジョグジャカルタ世界遺産ウオーク大会」

11月27日

 ジョクジャカルタ世界遺産ウオーク(主催・ジョクジャカルタ・ウオーキング協会、実行委員長・マンクブミ王女)の第9回大会が18、19の両日開かれた。23カ国から延べ8千人がジョクジャの自然を満喫、地元の人たちと触れ合いながら歩いた。
 大会は両日とも例年通り5、10、20キロの3コースに分かれ、午前6時ごろから順次スタート。18日はヒンドゥー教の世界遺産プランバナン寺院周辺の遺跡群を、19日はジョクジャのハメンクブウォノ王家の墓地があるイモギリ地区を歩いた。石井正文・駐インドネシア日本大使も参加した。
 開会に先駆け、10月に知事に再任したスルタン(王)ハメンクブウォノ10世が訪れ、石井大使からとみや織物(本社・京都市上京区)が製作したバティックの文様を西陣織りの技術で織り込んだタペストリーが手渡された。
 18日は晴天でウオーキング日和の中、概ね平坦な道のりを地元の住民の声援を受けながら歩いた。休憩スペースでは大学生を中心としたボランティアからお茶や菓子、果物などが振る舞われ、疲れを癒やす参加者の姿が見られた。
 19日は朝から大粒の雨が降り、足下が安定しない中でのスタートとなった。
 20キロコースはアップダウンも激しく、肩で息をしながら歩くウオーカーも出た。棚田や畑に囲まれた田園風景や清々しい空気から元気をもらい、それぞれのペースで各チェックポイントを回り、ゴールまでたどり着いた時には盛大に迎えられた。
 台湾から参加したリー・ホンシュンさんは「ことしは5日まで東松山市(埼玉県)のウオーク大会にも参加して、旅行した後インドネシアに来た。ジョクジャはのどかな雰囲気、安心感を感じることができる素晴らしい会場だと感じた」と話した。
 同大会は2008年の日イ国交樹立50周年を記念して始まった。当初からジャカルタ歩く会が支援し、コース内容などの改善に努めてきた。
 国際ウォーキング協会(IML)と国際市民スポーツ連盟(IVV)の2組織に国際大会に認定された第5回大会以降、さまざまな国から参加者が駆け付けるようになった。
 大会を支援する団体の一つであるロイヤル・シルク財団の黒田正人さんは「ことしも多くの人が参加してくれた。日イ国交樹立60周年となる来年の第10回大会は盛大に行いつつ、開催地をジョクジャ以外にも広げるなど、さらに充実させていきたい」と話した。

 




 





2017年6月6日〜10日「第15回IVV オリンピアード」

6月6日

 第15回国際市民スポーツ連盟オリンピアードがドイツコブレンツ市で開催されました。2017年6月6日は開会式が行われました。選帝侯の城に集結した参加者は、ライン川とモーゼル川の合流点であるドイチェス・エッケまで行進しました。日本からのどの参加者も元気に歩きました。最後はコブレンツの聖火?を点火して終了しました。

 
 

6月7日

 2017年6月7日オリンピアード第一日です。目の前のライン川を見下ろす丘の上の砦を回る10kmコースを選びました。軽井沢の野鳥の森を思わせる森の中を前半はひたすら上り、後半はひたすら下りです。ライン川沿いの公園では白鳥の親子も。一休みして夜は名物のアスパラガスを堪能しました。

 
 


6月8日

 2017年6月8日木曜日、本日は快晴です。本日のwalkingはでゴンドラに乗って対岸の山の上の砦に上がります。山の上からは上り下りの激しい山道を通ってライン川のほとりまでおります。最後は渡し船でライン川を渡りました。

 
 


6月9日

 本日は予定通り泳ぎに行きましたが、戸外のプールは水温21℃と寒く、300mを泳いで切り上げました。プールは6kmのwalkingコースに併設していたので6kmを歩き終わりました。そして夕刻からライン下りを楽しみました、2年後にオリンピードを開催する予定のフランスのプロバンスはオリンピックゲームでもパリとロサンゼルスが競っているので、パリ24のバッジを配っていました。

 
 


6月10日

 6月10日土曜日はIVVolympiad最終日です。6kmのwalkingの後プールまで歩いて行って、泳ぎました。本日は地元の人もプールに来ていました。水温はやはり20℃ちょっとでした。閉会式では国際市民スポーツ連盟の旗が2年後の開催地であるプロバンスのwalkerに託されました。

 
 




2012年5月25日〜26日「第1回アジアンピアード」

国際市民スポーツ連盟(IVV)の機構改革によって、日本、韓国、中国、台湾が加盟してアジア市民スポーツ連盟(AVV-ASIA)が2010年10月に発足しました。その第1回アジアンピアードが、韓国順天市で2012年5月25,26日に開催されました。同時期にIVV役員会も開かれたため、10カ国以上の国々からの参加がありました。特に日本からは、IMLの認定スタンプも押してもらえるということで、70名近いウォーカーが歩いたり、泳いだりしました。
人口27万人の順天市の中央を流れる東川は、ラムサール条約に登録された順天湾の干潟に向かって流れています。田植え真最中の水田から葦畑へと広がる順天湾には、木道が整備され、休日とあってたくさんの観光客が訪れていました。
来年はイタリアの南チロルで第15回IVVオリンピアードが、再来年は第2回のアジアンピアードが予定されています。現在のところ場所は未定ですが、多分日本での開催となると思います。みなさんも、是非、草の根の国際交流となるイベントへ参加してみませんか!


宮下会長の挨拶


日本チームの行進


IVV執行部と日本チーム


日本チームの勇姿





2011年11月12日〜13日「第21回国際快楽健行」

2011年11月12日〜13日、台湾台北市で「第21回国際快楽健行」が開かれました。
日本からも宮下会長をはじめ、大勢の参加者があり、90歳以上の方の参加もありました。


宮下会長


江橋慎四郎元会長91歳


日本から参加の92歳の女性です


障がいのある人も元気に参加されていました


Copyrightc 2010-2018 日本市民スポーツ連盟 All Rights Reserved