表紙
洞爺湖

■TOP>IVVとは

IVVとは
JVAとは
イベント一覧
walking events (English)
国内の主要な大会
国内大会や参加者の姿
海外IVV大会や参加者の姿
ニュース
宮下充正名誉会長の
ウォーキング日記
会員へのお知らせ
大会情報と
加盟団体からのお知らせ
ウオーキングステーション
JVA加盟団体一覧
JVA表彰者
50,000q特別表彰者
YR30コース表彰者
リンク集


JVA head office

〒113-8530
東京都文京区湯島1-2-4
神田セントビル
TEL:03-5256-7850
FAX:03-5256-7856

E-mail:jva@walking.or.jp


IVVとは


 IVVとは、ドイツ語の「Internationaler Volkssportverband」の略で、英語では「International Federation of Popular Sports」という。
ところで、2012年7月9日ルクセンブルグで開催されたIVV総会で、次のような事項が決定された。

IVVが提供する運動種目は、次のとおりである。
1. ウォーキング
2. サイクリング
3. スイミング/アクア・ウォーキング
4. スキーイング/スノーシューイング
5. スケーティング
6. インクライン・スケーティング
7. ローイング/カヌーイング/カヤッキング

加盟国は、イベント開催に当たって次の事項を守らなければならない
・だれでも参加できること:競争をしたり、時間を制限したりしないこと
・空気が新鮮な野外での活動であること(スイミング/アクア・ウォーキングは例外)
・自然や環境の保護という目的を尊重すること
・子どもや家族の参加を促進すること
・国際的な友情を育むこと
に参加した人へIVV規定にしたがい表彰すること

表彰の規定は以下の通り

1. 表彰の目的 (2012、1,1改訂)
IVVの表彰は、IVV及びJWAの公認のもとに開催される市民スポーツ大会への参加を奨励するために行われる。
対象種目は、ウオーキング、サイクリング、スイミング、歩くスキーなど、勝敗にこだわらない、競争でないスポーツで、自然や人々との出会いふれあい、そして国際交流を深めるためのみんなのスポーツばかりである。(但し、個人の記録のための計時は容認される)


2. 参加認定スタンプの押印
世界各国におけるIVV公認大会及び全国におけるJVA公認大会には、各国の市民スポーツ連盟(日本では日本市民スポーツ連盟)が各大会にそれぞれ独自の番号を決定し、IVV本部に報告の上、「番号スタンプ」が与えられている。各大会においてそれがパスポートに押印される。
イヤーラウンドステーションにおけるウォーキング、JVA加盟団体の例会等におけるガイドウォーキングも同様である。


3. 参加記録認定について

表彰は10回目、30回目、50回目そして、それ以上600回までは25回毎に、600回以上1500回までは50回毎に、1500回以上は100回毎に表彰される。
表彰には、それぞれの表彰回数毎に表彰状(認定証)とそれぞれ異なった世界共通のIVV認定ハットピンと、IVV認定ワッペンが与えられる。
参加記録達成者は、達成済みの参加記録証パスポートと申請料千円をJVAまで郵送すれば、各回数別の表彰状(認定証)と各回数別のハットピンとワッペン及び新しいパスポートが折り返し送られる。なお、最初の10回記録達成時には、あなたの総記録をドイツの本部にも記録するための記録登録証明カード(会員証)が一緒に送られるので、30回以降の表彰時には、そのカード(会員証)も一緒にお送り下さい。
(千円の内容は、表彰状(認定証)と国際本部からのハットピン、ワッペン代及び記録達成証明書つきの新しいパスポート代並びにその郵送代と記録登録料。)



4. 距離記録認定について
最初の表彰は500km、500km以上8,000kmまでは500km毎に、8,000km以上22,000kmまでは1,000km毎に、22,000km以上25,000kmまでは3,000km毎に、25,000km以上は5,000km毎に表彰される。
表彰には、それぞれの達成距離毎に表彰状(認定証)とそれぞれ異なった世界共通のIVV認定ハットピンと、IVV認定ワッペンが与えられる。
距離達成者は、達成済みの距離記録証パスポートと申請料千円をJVAまで郵送すれば、距離数別の表彰状(認定証)とハットピンとワッペン、及び新しいパスポートが折り返し送られる。
なお、既に記録登録証明カード(会員証)をお持ちの方は一緒に送付下さい。
(千円の内容は、表彰状(認定証)と国際本部からのハットピン、ワッペン代及び記録達成証明書つきの新しいパスポート代並びにその郵送代と記録登録料。)




Copyrightc 2010-2017 日本市民スポーツ連盟 All Rights Reserved